診療時間

診療時間 日祝
9:00~12:00
15:00~18:00

休診:水曜午後、土曜午後、日曜、祝日
※受付は診察終了時間の30分前とさせていただきます。

0463-81-3377

小田急小田原線
「秦野駅」徒歩7分

駐車場
70台完備

自費診療

自費診療とは

自費診療画像

健康保険や診療報酬が適用されない診療のことを自費診療と言います。この場合は、原則的に全額自己負担となります。このように自費診療の場合は、患者様の経済的負担が増えるようになりますが、利点としては保険診療では受けることができない最新の治療や、時間を充分にかけた診療を受けることもできます。また、会社や家族に知られずに「匿名」で受診することも可能です。当院で受けられる自費診療は次の通りです。

プラセンタ注射

人間の胎盤から抽出したエキスのことをプラセンタと言います。胎盤には、ヒアルロン酸、コラーゲン、必須アミノ酸、たんぱく質などの成長因子や栄養素といったものが含まれています。そのため、これまでも肝臓疾患、更年期障害、アレルギー症状を改善させるといった治療で用いられてきました。そして最近になって、肌の新陳代謝を促進させていく効果もあることが判明し、しみやくすみの改善や予防といった美容の面においても使用されるようになりました。ただこの場合は、保険適用外となります。

なおプラセンタを体内へ取り込んでいく方法としては、サプリメント、点滴、注射がありますが、当院では注射を行っています。利点としては、短時間で済む、サプリメントよりも効率よく補給できるということがあります。また、プラセンタ注射は1回打っただけでも効果を実感できますが、持続効果を期待するのであれば、2~4週間おきに打つなど、定期的に通院するようにしてください。

副作用に関しては、重篤な症状が出たという報告はありませんが、注射部位が赤く腫れる、痛むということはあります。ただこれらは数日で治まっていきます。なおプラセンタ注射を一度でも受けてしまうと、それ以降の献血をすることはできなくなります。

にんにく注射

にんにく注射と聞くと、にんにく成分の入った薬剤を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、これはにんにくではなく、主にビタミンB1の成分が配合されたものになります。

注射の際は、同成分を体内へと注入していきますが、その際にまるでにんにくのような臭いが周囲に広がっていくことから、にんにく注射と一般的に呼ばれるようになりました。このビタミンB1を摂取していくことで、疲労回復、二日酔い、肝機能の回復、代謝の改善といったことが期待できるようになります。

なおビタミンB1を過剰に摂取したとしても、これは水溶性ビタミンのため、取り過ぎたとしても水に溶けてすぐに体外へ排出されるだけです。また副作用についてですが、主成分がビタミンなので重篤な症状が出たという報告はありません。ただ注射部位に痛みや腫れがみられることはあります。

ビタミン注射

ビタミン注射は、主にビタミンCなどの成分を静脈へ注射していきます。ビタミンCには、皮膚のコラーゲンの形成を助ける働き、紫外線等の刺激から起きる色素沈着を予防(シミ、そばかす、日焼け など)するという美容効果のほか、動脈硬化の予防や免疫力を増強させるとされる健康面についても期待できるとされています。そのため風邪の予防として利用される方も多いです。注射のみなので施術時間は数分で終わります。ただ持続的な効果を維持したい場合は、2週間に1回程度といったように定期的にビタミン注射を受けるために通院する必要があります。

副作用についてですが、これまでに重篤な症状が出たという報告はありませんが、注射部位が赤く腫れる、痛むという症状が出るということはあります。ただ、多くは数日で治まるようになります。なお同注射によってビタミンCを多量に摂取した場合でも、尿として体外に排泄されるようになるので、人体に何らかの影響が現れるということはありません。

白玉点滴(グルタチオン)

グルタチオンの入荷が困難であり、新規の白玉点滴をお受けできません。
何卒ご了承くださいませ。

プラチナ白玉点滴(美白グルタチオン)は、グルタチオンという成分を高配合した、美白を目的とした点滴です。

グルタチオンは、人間の体内に広く分布する、グルタミン酸・システイン・グリシンアミノ酸という3つのアミノ酸が結合したペプチド(化合物)です。
動物や植物などの細胞の中に存在しており、人間の体内では皮膚や肝臓、目の水晶体や角膜などにグルタチオンが多く含まれていて生命を維持するためには欠かせない重要な成分です。強力な抗酸化作用もあるので、人間の身体をさびつきから守ってくれる代表的な物質でもあり、免疫システムにおいても重要な役割を担っており、アレルギーや喘息などを抑える効果もあります。
しかし残念ながら加齢や紫外線の影響によって年齢とともに体内では減少していきます。
グルタチオンは胃腸ではほとんど体内に吸収されません。そのため、経口では大きな効果が期待できないため、点滴で投与するのが一般的です。

グルタチオンは体内で作られる成分なので副作用の心配はありませんが、ごくまれに、発疹、腹部の不快感などがあります。 また、針を刺した場所が赤くなることがありますが、目立つようなことはなくすぐに治まります。

自費診療料金

プラセンタ(ラエンネック)

1A 
1,500円(税込)

2A 
2,500円(税込)

にんにく注射

2,000円(税込)

ビタミン注射

1,000円(税込)

白玉点滴 (グルタチオン)

1A 
1,500円(税込)

2A 
2,500円(税込)

※グルタチオンは入荷が安定しないため問い合わせください
※別途初診時のみ1,000円(税込)かかります

こいけクリニック

診療時間

診療時間 日祝
9:00~12:00
15:00~18:00

休診:水曜午後、土曜午後、日曜、祝日
※受付は診察終了時間の30分前とさせていただきます。

院長名

小池 潤

診療科目

内科・消化器内科・
内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)

電話番号

0463-81-3377

住所

神奈川県秦野市大秦町2-16 2階
(旧イトーヨーカドー秦野店跡地)
※1階は「CREATE」となります。

アクセス

小田急小田原線
「秦野駅」徒歩7分